2020.05.29 【お知らせ】(延⾧)6月の協会事務局の体制について
2020.04.30 【お知らせ】(延⾧)緊急事態宣言発出に伴う協会事務局の体制について
2020.04.09 【お知らせ】緊急事態宣言発出に伴う協会事務局の体制について
2020.04.02 【継続】新型コロナウイルス感染拡大の影響によるセミナー等の中止について
2020.02.21 【重要】新型コロナウイルス感染拡大の影響によるセミナー等の中止について

FAQ(航空身体検査)

女性パイロットを目指しているんですが最低どれくらいの身長が必要ですか?また、海外の航空会社は160センチでは採用難しいでしょうか?

【質問】
女性パイロットを目指しているんですが最低どれくらいの身長が必要ですか?
また、海外の航空会社は160センチでは採用難しいでしょうか?

【回答】
航空身体検査基準の中には身長に関する規定はありませんので、病的な低身長の方以外は航空身体検査上の問題はありません。
また国内の航空会社や操縦士を養成する機関(航空大学校や操縦士養成課程を持つ大学など)の募集要項を確認しましたが、
身長に関する記述は見当たりませんでした。

なお航空身体検査証明が発行されても、操縦席に着席した状態で操縦桿やペダル、スイッチ類などに手や足が届き、
それらを操作できる必要がありますので、航空会社や養成機関が個別に判断する可能性はあります。

ちなみにボーイング製の旅客機には158cm以上という身長に関する設計基準があるとの情報があります。
また航空自衛隊では操縦士は158cm以上、190cm以下と定められているという情報もあります。

なお海外の航空会社につきましては、確認できました全ての航空会社から「差別につながるので公表していない。」
という回答を得ています。

ページの先頭へ