2020.05.29 【お知らせ】(延⾧)6月の協会事務局の体制について
2020.04.30 【お知らせ】(延⾧)緊急事態宣言発出に伴う協会事務局の体制について
2020.04.09 【お知らせ】緊急事態宣言発出に伴う協会事務局の体制について
2020.04.02 【継続】新型コロナウイルス感染拡大の影響によるセミナー等の中止について
2020.02.21 【重要】新型コロナウイルス感染拡大の影響によるセミナー等の中止について

FAQ(航空身体検査)

航空身体検査を受けようと考えていますが、6歳ごろにひきつけを起こしたことがあり、一過性のものだったため、その後は意識障害やてんかんなどの症状はありません。航空身体検査において不適合になる可能性などはありますでしょうか。

【相談内容】
航空身体検査を受けようと考えている17歳男子です。6歳ごろにひきつけを起こしたことがあり、
一過性のものだったため、その後は意識障害やてんかんなどの症状はありません。
脳波は6歳ごろにしか測っておりませんが、以上の様な場合、航空身体検査において不適合になる
可能性などはありますでしょうか。よろしくお願いいたします。

【回答】
小児期において、一過性のひきつけの既往歴がある場合は、 航空身体検査指定医により慎重な判断が行われます。
航空身体検査マニュアルには「5歳未満の熱性けいれんの既往歴がある場合は、5歳未満における発作発生後、
現在に至るまで発作が認 められず、脳波に異常所見が認められない場合は適合とする」という内容が記載されています。
ご質問の方の場合、一過性のひきつけとはいえ、意識障害を伴っていたかや、その継続時間、また全身性かどうかなどを
調べる必要がありますので、ご質問の内容のみでの判断は難しいと思われます。
またご質問の方の発症時の年齢は6歳ですので、身体検査マニュアルに記載された年齢とは違うという点で、
不適合になる可能性もあります。、
いずれにしましても、一度航空身体検査指定医に相談されてみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ